tejasのボトムの物語


こんにちは

今日は、tejasを代表するボトムのお話です。

 

 

このパンツは、tejasがデビューした2012年春夏から販売していますpriya-bottomです。

画像の左が2013年春夏、左が2018年秋冬商品ですが、

何かが違っているのがわかりますか?

 

画像が小さくてわかりにくいと思いますので、ウエスト部分を拡大してみます。

 

 

良く見ると、ウエスト部分がリブニットになっているのが分かると思いますが、

このリブニットの幅が違うのがわかりますか。

この中にゴムとスピンドルが入っています。

 

実は、このゴムの幅が

2013年春夏商品は40mm幅

2018年秋冬商品は20mm幅になっています。

 

2016秋冬商品から20mm幅に変更しましたが、深い意味がありました。

 

tejasのデザイナーはヨガインストラクターであり、アパレル経験者です。

その経験と多くのヨギーの声をtejasのウェアに反映しています。

 

ヨガの動きには他のスポーツとは違い、床に横になっての動きがかなり多いです、

もちろん流派やクラスによって違いはあると思いますが。

 

床に横になって運動をするとき、できるだけウエストをすっきりさせたパンツが欲しい、

その思いを形にしたのがこのpriya-bottomです。

レギンスとショートパンツがウエストで1枚になっています。

 

デビュー当初はしっかりしたウェアを作りたいとの思いで、

ウエストにしっかりとした太い40mmゴムを入れていました。

 

数シーズン、このパンツをはいてレッスンを続けましたが、

もっとウエストをスッキリさせたい、体を開放させたいという思いから、

ウエストのゴムを20mmにし、より柔らかいタイプに変更しました。

 

おかげ様で、priya-bottomは今でもtejasの人気商品です。

 

 

tejasには、同じ人気商品にavani-bottomがあります。

この商品もpriya-bottomと同じ様にウエスト仕様を変更しています。

 

 

画像の左が2017年春夏、左が2018年秋冬商品です。

 

 

 

tejasは、これからも小さなマイナーチェンジを続けながら、

 

心と体を開放し

 

少しでも気持ちよく

 

ヨガを楽しめるお手伝いが出来るウェアを作り続けます。

 

neish

 

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。